シックハウス訴訟で異例の住民勝訴

東京地裁は10月1日、化学物質の放散量が多いマンションを建設・販売したダイア建設に約3600万円の損害賠償責任を認める判決を下した。シックハウスの問題を生み出したデベロッパー側の不法行為責任を認定し、原告住民が勝訴した極めて異例のケースだ。

 この裁判は、新築マンションを購入し、入居した後に化学物質過敏症を発症したイラストレーターの岡谷貞子氏が、ダイア建設を相手取り2004年に提訴したものだ。約8700万円の損害賠償を求めていた。

 原告の代理人を務めた弁護士の竹澤克己氏は、判決公判後に開催した記者会見で次のように説明した。「シックハウスに関連する裁判で、居住者の健康被害が認められて、化学物質過敏症の患者側が勝訴した初めての

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください